横浜 鶴見駅西口徒歩1分  不妊・妊娠の漢方相談 松山漢方相談薬局

不妊症で悩んでいたが、松山漢方相談薬局に来て本当に良かったです。

横浜市鶴見区 31歳 女性


19歳の時にパニック症候群になり、その後27歳には多嚢胞性卵巣症候群と診断され2年間ピルを服用してきました。

安定剤とピルの服用で不妊症の改善に努めましたが、ピルの副作用により不安や動悸などの症状が悪化し子宮外妊娠の経験もして、この先どうしていいのか分からなくなり、松山漢方相談薬局に相談することにしました。

自分の体調・体質に合わせた漢方薬や自然薬を服用し、安定剤やピルの服用を中止することで、本来あるべき自分の姿に戻すことを努めていきました。
服用を始めて2か月後には、生理不順も改善していき、不安や動悸も少しずつ良くなりびっくりしたことを覚えています。

その後、服用を続けていくと体調もどんどん良くなり、妊娠することが出来ました。
かかりつけの婦人科のお医者さんも、今までの経緯を診てきたので松山漢方相談薬局は本当にすごいねと感心しておられました。

今年の10月に出産予定です。
不安もありますが、念願の赤ちゃんに会えるのを楽しみにしています。
松山漢方相談薬局に行くときは、いつも私の癒しの場所でした。
本当に、ありがとうございます。