横浜 鶴見駅西口徒歩1分  不妊・妊娠の漢方相談 松山漢方相談薬局

子宝コラム

妊娠に導く生活習慣  鶴見・横浜 不妊専門相談薬局

2018.08.04 更新

基本的な生命力を高める

 

これといった不妊症原因はないのになかなか妊娠しない、そんな人は毎日の生活を見直してみましょう。

 

不妊症の患者さんとお話をしていると気づくことが多くあります。

妊娠を望まれる方は、なにか妊娠に良いものを取り入れたいとか、不妊症を改善させる漢方薬が欲しいなどご相談を受けます。

しかし、私が一番大切にしていることは、妊娠を妨げる生活習慣や不妊症を招く食習慣など、悪いものを生活習慣の中からなくしていくことです。

 

不規則な生活や偏食、運動不足、ストレスなどが、基本的な生命力を低下させ、結果として不妊を招いている可能性もあります。

 

松山漢方相談薬局では、不妊症の原因になる食材の摂取を控えるお話や、冷えや貧血などにより血行のめぐりを悪くする原因などお話したうえ、体質・体調による不妊症の原因を漢方薬や自然薬で改善を促していきます。

 

 

 

 

理想体型を保つ

 

女性の肥満は、ホルモンサイクルの異常から排卵障害を引き起こす確率が高いといわれます。

男性の肥満は、女性ホルモンの増加により精子の運動能力低下を招くことも。

また、やせすぎの女性の場合は月経不順、貧血による着床障害などを引き起こす可能性があります。

 

いずれにしても過度な肥満や、やせすぎは不妊を招く原因になりますが、実際に自分自身で体重をコントロールしながら、栄養状態を良くしていくのはとても困難です。

ダイエットのため、食事制限をして妊娠に必要な栄養素を摂っていなかったり、過度な運動でストレスを余計に溜めてしまう方も多く見受けられます。

ましてや、体重を増やそうと無理に食事を摂るなんて、なかなか出来るものではありません。

 

松山漢方相談薬局では、妊娠に必要な栄養素をバランスよく考え、最も妊娠に近づくための体の組成を目指すことができます。

不妊症でお困りな方は、一度ご相談下さい。

 

 

 

 

ストレスをためない生活が大事!!

 

不妊治療中の人のなかには、ストレスを抱えた人が多くいます。

仕事や人間関係で悩みを抱える人の他、赤ちゃんがなかなかできないことがプレッシャーとなり、不妊治療自体がストレスになってしまう人も多いのです。

 

心と体は密接に結びついているので、これらのストレスは受胎能力にも悪い影響を与え、原因不明の不妊が続く場合もあります。

ストレスを感じているなと思ったら、気分転換やリラクゼーション、ストレッチや運動などで早いうちに解消しましょう。

 

特に不妊の問題に関しては、深く悩まず、まわりの意見や期待に振り回されないで前向きな気持ちを保つことが大切です。

 

ストレスを抱え、いけないと思っていても自分でストレスをコントロールできる方や環境を変化させることはとても難しいことです。

そこで松山漢方相談薬局では、ストレス=気滞(きたい)と考えることが東洋医学では出来て、ストレスを体の外へ排出する生薬があります。

さらには、ストレスに強い体づくりも出来るため環境を変えずにストレスによる不妊症の原因を軽減することができます。

 

不妊症のお悩みでストレスを抱えている方など、一度ご相談下さい。

 

 

 

 

鶴見・横浜 不妊専門相談薬局

KANPORO松山漢方相談薬局

TEL 045-718-6801

松山 拓郎