横浜 鶴見駅西口徒歩1分  不妊・妊娠の漢方相談 松山漢方相談薬局

子宝コラム

不妊の原因は男性、女性半々です。  鶴見・横浜 不妊専門相談薬局

2018.07.03 更新

不妊の原因は男性、女性半々です。

 

妊娠が成立するには、多くの条件がそろわないといけません。

また、たくさんのプロセスをひとつひとつクリアしていく必要があります。

 

男性の役割は、卵子のところに元気な精子を届けるだけ・・・、とてもシンプルです。

一方、女性のほうは卵子、卵巣、卵管、子宮、子宮頸管など、多くの条件があります。

役割が多い分、不妊原因の大半は女性にありそうですが、決してそうではありません。

 

ずいぶん前から、男性不妊の割合は増えているといわれてきましたが、現在では不妊原因の50%は男性にあるとされています。

 

 

 

精子の受精能力が低いために、不妊症になるケースが非常に多いことがわかってきた。

 

 

これまでは、男性は不妊原因を調べることより、卵子に精子を届けることが優先されてきました。

元気な精子が少なければ、人工授精(AIH)で受精の場である卵管のそばまで届けてやればいい。

精子の数がさらに少なければ、1個の精子を顕微授精で卵子の中に入れてやればいいというようにです。

 

しかし、体外受精や顕微授精によって、精子を観察したり、受精能力を調べる研究が進み、精子を検査する方法もいろいろと新しい方法が出てきました。

その結果、実は、精子の受精能力が低いために、不妊症になるケースが非常に多いことがわかってきたのです。

 

 

 

 

不妊症に関して男女ともに漢方薬や自然薬がとても有効的だということが最近わかってきました。

 

男性不妊に関しては、卵子に精子を届けることを優先に考えている西洋医学(病院など)では、精子の質を高めることはできません。

東洋医学(漢方薬)はもともと、病気にアプローチするのではなく、身体を本来あるべき姿に戻し、自然治癒力を高め、病気を自分自身で治す力を引き出すために進化してきました。

その結果、精子の質を高めることができます

 

女性不妊に関しても、もっと高度なことがわかってきています。

卵子の質を左右するのは、細胞のエネルギー源であるミトコンドリアが関係しているということです。

しかも、活性酸素はミトコンドリアの働きを低下させ、卵子の質を低下させることわかってきました。

西洋医学(病院)では、このような卵子の質を高めるような治療法は存在しません。

むしろ、化学薬品の使用により活性酸素を増やし、卵巣の機能を低下させる恐れもあります。

 

漢方薬や自然薬は、卵子の質を高めることや、過剰に産生された活性酸素を排出させるものも存在しています。

ただ、効果が不確かなサプリメントも数多くあることから、松山漢方相談薬局にご相談下さい。

 

不妊治療に関して、東洋医学と西洋医学ではアプローチの仕方の方向性が全く異なります。

両方のメリット、デメリットも考え、必要に応じて取り入れていくといいでしょう。

 

 

 

 

鶴見・横浜 不妊専門相談薬局

KANPORO松山漢方相談薬局

TEL 045-718ー6801

松山 拓郎